閑人の手記

個人的に気になることをメモ

使えなくなったモバイルバッテリーはリサイクルへ出そう

今の時代、スマートフォンのお供としてモバイルバッテリーを持ち運ぶ人が多いと思います。

ですが長い間使っているとモバイルバッテリーの充電時間も短くなっていき、いつの日かモバイルバッテリーとしての役割を果たさなくなってしまいます。

  

モバイルバッテリー

私の使っていたモバイルバッテリーもつい先日お亡くなりになりました(笑)

モバイルバッテリー1"

 

 

新しいモバイルバッテリーはもう買ったので、このお亡くなりになったモバイルバッテリーを処分埋葬しなければなりません。

 

さて、そのまま燃えないゴミへ……

 

ええ、出火します、火事になります。

絶対にやめましょう

 

昼食べた弁当分別するのめんどいからそのまま一緒に捨てちゃえ、

とは全く違います。(こっちももちろん分別大事よ)

 

乾電池も充電池もそのまま捨ててはいけません。

資源ごみやリサイクルに出しましょう。

 

んじゃあ、どこでリサイクルするのさ。

 

 

充電池リサイクル

www.jbrc.com

 

回収場所が載っていますね。

 

これで最寄りの回収場所はわかりました。

 

わかっているとは思いますが、一応確認しておきましょう。

回収対象は、以下のニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池の三種類です。

電池分類

 

 

私のモバイルバッテリーは、リチウムイオン電池なので回収対象です。

モバイルバッテリー2

 

 

あとは持っていくだけなのですが、ここで一つ注意すべき点は、モバイルバッテリーは取り外す必要がないということです。

使用機器一例

※JBRCより引用https://www.jbrc.com/general/

 

 

さて、店舗につきました。

回収している箱はこちらです。

※画像大きくてすいません。

回収ボックス

 

 

今回はサービスカウンターにありましたが、ほかの店舗では、レジ近くだったり電池のコーナーに置いてあることが多いようです。

 

 

まとめ

今回は充電池のリサイクルをしてきました。

回収場所は家電量販店やショッピングモールしかないと思っていたのですが、近所のスーパーでも回収していたので助かりました。

 

この流れでスマホの電池も取り替えたいところですが、最近のスマホって自分で交換できないものばかりになったので、メーカーで交換してもらう方法が主流になってしまったのが残念です。

分解したら保証外だし。

 

何度も言うようですが、電池は一般ごみとして捨てないでくださいね

 

というわけでまた今度!

©2017 モスさんの雑記帳