モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

ゆうゆうメルカリ便が窓口から発送できるようになってた話

メルカリの通知がかき消されて気が付かなかった。

 

タイトルの通りゆうゆうメルカリ便が郵便局の窓口でも発送できるようになりました。

ということは、発送可能な郵便局が増えたというわけです。

 

ゆうゆうメルカリ便が使いやすくなった

今までゆうゆうメルカリ便を使って郵便局で発送する際には、ゆうプリタッチが設置してある郵便局へ行く必要がありました。

 

ですが、10月23日からはゆうプリタッチが設置されていない郵便局でも発送できるようなりました。

設置されていない郵便局から発送するには、窓口で2次元コードを提示して発送手続きをします。

なお、設置されている郵便局からの発送には従来通りゆうプリタッチを使って伝票を発行する必要があります。

 

今回対象になる郵便局は全国約2万局、簡易郵便局を除くほぼすべての郵便局で発送可能になります。


発送可能な郵便局は以下のページで確認できます。

www.post.japanpost.jp



 

ゆうゆうメルカリ便の資材が買えるってよ

これも同じく先月の23日から始まったサービスです。

全国4700局の郵便局(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、その他都道府県の主要郵便局)で、メルカリのロゴ入り梱包用資材の販売を開始したようです。

 

取扱商品は、「宅配ビニール袋」「ゆうパケット用段ボール」の2種類です。

価格は宅配ビニール袋が1枚25円(サイズ:縦31.2㎝×横45.6㎝)、ゆうパケット用段ボールが65円(組立後のサイズ:幅34㎝×奥行23㎝×厚さ3㎝)です。

 

どちらもアプリ内のメルカリストアから購入できる商品です。

f:id:moss_san:20171103231307p:plain

 

 

購入可能な郵便局は以下のページで確認できます。

 

 

まとめ

これによりゆうゆうメルカリ便で発送したかったのに、環境的に発送できなかった場所からでも発送できるようになった、という人もいるでしょう。

次は集荷にも対応してもらえれば最高なんですけどね。

 

それと関東やその他主要郵便局で資材の取り扱いが始まりましたが、個人的には段ボールが買えるようになったのはいいことかなと思っています。やや割高になっていますけど。

 

これからもメルカリのサービス拡大に期待です。

 

 

アプリダウンロードはこちらから