モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

ネットで買ったmicroSDが偽物だったので見分け方を紹介

今使っているタブレットPCの内部ストレージだけでは収まらなくなってきたので、買うことを決意。

 

前に買っておいたmicroSDXCカードにデータを移していくとやたらとエラーが出るな…

 

怪しいな、これ。

 

調べる→偽物と判明→買ってからだいぶたっており返品不可→ああ、ああああ。

 

というわけで私のような人を一人でもなくすために、今回は私が実際に持っている本物と偽物を使って見分け方も紹介します。

 

※すべての偽物が私の持っている偽物と一致するわけではないです。

 

 

アプリで簡単に調べよう!

AndroidアプリでmicroSDカードが本物かを簡単に調べようと思います。

 

調べる方法

1.Googleplayストアにあるアプリの「SD Insight」をダウンロードします。

(今回紹介するSD Insight以外にも調べるソフトはあります)

2.調べたいSDカードを入れる

※電源オフや安全に取り外しができる状態で抜いてください。最悪破損します。

3.アプリを起動。

 

 

容量もほとんどとらないのですぐにダウンロードできます。

f:id:moss_san:20170903210031p:plain

 

 

まずは私が普段ブログを書く際に使っているSDカードです。

New3DSに付属していたものです。

f:id:moss_san:20170903211429p:plain

 

 

TOSHIBAと表示されました。

サイズも表記通りです。

一番下には製造年数も書かれています。

f:id:moss_san:20170903211531p:plain

 

 

続いてこちらのSDカードです。

台湾のメーカーです。

f:id:moss_san:20170903211718p:plain

 

 

これも正しく表示されています。

f:id:moss_san:20170903211833p:plain

 

 

これが問題のサンディスク(?)のSDカードです。

メルカリで安いから購入したものです。

価格は3,180円です。新品でこれは安すぎる。

f:id:moss_san:20170903212043p:plain

 

 

あれ、「SD CARD IS INVALID」って表示されたよ。

メーカーが不明ってことですね。

そして容量もおかしいですね。

f:id:moss_san:20170903212239p:plain

 

 

最近買ったサンディスクのSDカードです。

先ほどと違い色が薄いです。

f:id:moss_san:20170903212528p:plain

 

 

ちゃんとサンディスクと表示されていますね。

これが本物です。

容量も正しく表記されています。

f:id:moss_san:20170903212750p:plain

 

というわけでこれである程度のmicroSDカードは見抜けるはずです。

 

 

 

おまけ

どうせなら本物と偽物の違いも簡単に上げておこうと思います。

 

パッケージは捨ててしまっているため比較できませんでした。

 

上が本物で下が偽物です。

f:id:moss_san:20170903213129p:plain

f:id:moss_san:20170903213326p:plain

 

この透明ケースの時点でまず上は透明なフィルムが張られていたのに対して、下はそのまま入っていました。本物は色が茶色がかかった赤ですが、偽物は色が赤っぽいです。

 

続いて裏面です。

上が本物で下が偽物です。

f:id:moss_san:20170903214137p:plain

f:id:moss_san:20170903214502p:plain

 

偽物は型番がかすれていますが、本物はしっかりと書かれています。

 

アダプタは本物は製造年月日が書かれているのに対し偽物は一切かかれていませんでした。

あと偽物に付属しているアダプタはmicroSDの入りが悪くは読み込みができませんでした。よく見れば金色の部分の長さも違います。

 

あくまでもこれは私が買ってしまった偽物の話であってこれがすべての偽物と一致するわけではありません。参考になればいいな程度でお願いします。

 

 

おまけのおまけ

ちなみに私が本物のSDカードを買った場所はAmazonです。

サンディスクが販売している正規品を買えば問題ないのですが、私みたいに変に安く買おうとすると並行輸入を買うことになります。

そのまま買うと「jnhショップ」になると思いますが、そこはあまりお勧めできません。

評価を見るとたびたび偽物だったという評価があります。

ネット調べてもたびたび同じような内容が出てきます。

 

なので私は同価格で販売している「ヒットライン」で購入しました。

そうしたところ、私のは問題ありませんでした。

 

 

高い評価の割合で見てもかなり違うのでその部分にも着目して購入してください。