モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

レターパックライトの送り方と注意点

夏休みなのに学校行かなきゃいけないなんてつらいですよ。

暑いし、ドラクエ11発売したし、家から出たくない…

 

今回は、知っておくと便利なレターパックライトについての記事になります。

 

 

レターパックライトとは

レターパックライトはこのような封筒になります。

f:id:moss_san:20170730172447p:plain

 

f:id:moss_san:20170730172532p:plain

 

サイズは34×24.8cm(A4サイズ)、厚さ3cm以内、重さは4キロまでの荷物を全国一律360円で送れます

 

封筒のマチ部分(へこんでいる線)を折るとちょうど3cmになります。

折ったときに膨らんでいたら送るのは厳しくなります。

 

レターパックプラスと同様に、信書も送れます現金は裏面にNGと書かれています。

追跡もついており、ポスト投函もできます

 

レターパックは専用の封筒が必要になります。

その封筒は郵便局だけではなくコンビニでも購入できます

コンビニは郵便局よりも営業時間が長いのでとても助かります。

 

またレターパックライトの配達方法はポスト投函なので、対面で署名をもらうレターパックプラスとは違う部分です。

 

レターパックは速達と同じ扱いで土日も配達してくれます。相手に早く届けたいときにはとても便利です。

実際に郵便局員に聞いてみたところ最速で届けたい場合はレターパックプラスのほうが早く届けられるようなのでそちらを利用しましょう。

ですが、バッテリーが入っているものは船便、陸便になってしまうので早さはあまり期待できません

 

電話番号はトラブルが起きた時のために書いておくとスムーズに事が進むので絶対ではありませんが書いておくことをおすすめします。

ポスト投函の際は追跡番号のシールをはがしましょう。郵便局でははがし忘れていても教えてくれますが、ポスト投函で忘れたら恥ずかしいですよ。

 

まとめ

 私はレターパックライトはあまり利用しないのですが、信書に該当するものを送る際には厚さ制限も重さもあまり気にしなくていいので使っています。

 

 同時にレターパックプラスの記事も公開しましたので、そちらもご覧ください。

www.moss-san.com