モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

レターパックプラスの送り方と注意点

ついに昨日ドラクエの最新作が発売されましたね。

TSUTAYAで7時過ぎに購入してずっとプレイしています。

 

楽しすぎよ…他のこと何も進まない…

 

今回は、私もメルカリでもよく使っているレターパックプラスについての記事になります。

 

レターパックプラスとは

レターパックプラスはこのような封筒になります。

f:id:moss_san:20170730181952p:plain

 

f:id:moss_san:20170730124116p:plain

 

サイズは34×24.8cm(A4サイズ)、厚さ制限なし、重さは4キロまでの荷物を全国一律510円で送れます

 

レターパックライトと同様に、信書も送れます現金は裏面にNGと書かれています。

 

追跡もついており、ポスト投函もできます

ただ、ポストに入らないサイズのものは郵便局の窓口で送りましょう。

 

レターパックプラスは専用の封筒が必要になります。

その封筒は郵便局だけではなくコンビニでも購入できます

コンビニは郵便局よりも営業時間が長いのでとても助かります。

 

またレターパックプラスはレターパックライトとは違って、相手に確実に届けるために対面での配達で署名が必要になっています。

もし不在の場合は不在伝票も入るようになっています。

 

レターパックは速達と同じ扱いで土日も配達してくれます。相手に早く届けたいときにはとても便利です。

実際に郵便局員に聞いてみたところレターパックライトよりもレターパックプラスのほうが早く届けられるようです。

ですが、バッテリーが入っているものは船便、陸便になってしまうので早さはあまり期待できません

 

少し前にレターパックを箱型にして送る方法が流行っていましたね。

あれは実際便利ですが、消印が押せなくなる可能性もあるのでおすすめはできません。

 

ポスト投函の際は追跡番号のシールをはがしましょう。郵便局でははがし忘れていても教えてくれますが、ポスト投函で忘れたら恥ずかしいですよ。

実際にメルカリで購入したものがレターパックで届いたのですが、追跡番号の書かれたシールがはがされずに届いたことがあります。

 

 

まとめ

私もレターパックはよく使います。ゆうパックや宅急便では高くなってしまうものも全国一律で送れるので、とても重宝しています。

近いうちにゆうパックや宅急便などの値上げもあるようなのでさらに使う頻度が高くなりそうです。

 

同時にレターパックプラスの記事も公開しましたので、そちらもご覧ください。

 

www.moss-san.com