モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

メルカリのブロックと基準

私はメルカリをよく利用するのですが、独自ルールの強要や不毛な言い争いを見ていやな気持になります。

なので今回はメルカリのブロック基準について私の意見や体験談を交えて紹介します。

 

 

メルカリのブロック機能

メルカリをある程度やっている人ならば一度はこの機能を使う・使おうか考えたことはあるのではないでしょうか。でもブロックするほどなのかわからなくて結局しなかったということもあると思います。

 

ブロックすると、ブロックされた相手はブロックした相手へメッセージを送ったり、商品購入をができなくなります。

 

まずはブロックしたい相手の出品一覧画面を開きます。

赤〇のところを押すと「この会員をブロック」があります。

f:id:moss_san:20170708124639p:plain

 

 

この会員をブロック」を押すと確認メッセージが出てきます。

はい」を押すとブロックが完了します。

その後はこちらから解除するまで相手とメッセージやいいねはできなくなります。

ブロックしてもどこかにブロックリストがあるわけではないので、実質解除は無理に近いです。

f:id:moss_san:20170708125138p:plain

 

 

ブロックされた側はどうなるかといいますと、コメントしようとしても「出品者よりブロックされているため、この商品へのコメント、購入、いいね!はできません」と表示されコメント、購入、いいねは一切できなくなります。

 

万が一ブロックされる前に両者間で行われていた取引は問題なく続けられて取引メッセージも送れます。

 

あと、ブロックした人がブロックされた人の出品物での会話や取引は行えます(まずないでしょうが)

f:id:moss_san:20170709131914p:plain

 

 

 

ここで、私が実際に聞いてみたものをまとめます。

大きく分けてブロックする理由は4つに分けられました。

 

  1. 態度が悪い人
  2. 購入後の取引で支障がある人
  3. 約束を守れない人
  4. 常識がない人

 

どれも迷惑がかかったり不快になる要素があるものばかりです。

 

少し例を紹介します。

 

1.言葉遣いが悪い、一方的な要求をしてくる、上から目線の値下げ要求する、購入に関係ないコメントをする等

 

2.理由なく評価を下げる人、スムーズな取引ができない人、音信不通で取引があまり進まない、日本語が通じない、受け取りに一週間以上かっても謝罪もしない、支払いが送れても終始無言等

 

3.無責任な人、支払期限を守れない人

 

4.自分の出品物の写真や文章をコピーする、同一商品で返事を待たずにあちこちで値下げ要求する

 

 

このような人と出会ったり、見つけてしまった場合はブロックすることをオススメします。コメント削除よりも先にブロックをしないと逆切れして、いいね連打の被害にあいますよ(私はその被害者です)。

 

 

まとめ

メルカリは今もダウンロード数を伸ばしており、いろいろな人が利用するようになりました。

 

そのため小学生や日本語が通じない外国人など取引するのに不適なひとと取引する場合もあります。

 

基本的に運営はトラブルが起こらないと助けてくれないので、トラブルは事前に防ぐ必要があります。コメントで明らかにおかしい人はブロックしておくことで被害は最小限のできそうですね。

 

 

アプリダウンロードはこちらから