モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

ゆうゆうメルカリ便の使い方 発送方法と手順を紹介 《ローソン編》

つい先ほどゆうゆうメルカリ便にとは何か、という内容の記事を書きましたが、ようやく私自身も使ってみたので、発送する手順や注意点をまとめてみようと思います。

 

※10月10日追記

10月31日に日本郵便のシステムが復旧しゆうゆうメルカリ便がもう一度送れるようになります。

 

前回の記事はこちら↓

moss-san.hatenablog.com

 

 

発送準備

発送準備といっても宛名書きは不要なのですべきことは梱包だけです。今回はポスパケットで発送なので封筒を使っています。ここはらくらくメルカリ便と変わらないことです。

f:id:moss_san:20170621230718p:plain

 

 

売れた後のアプリの画面

梱包を済ませて無事に売れたら、あとは発送をするだけです。

取引画面では注意書きと手順も記載されています。

これの通りにやっていきます。

f:id:moss_san:20170621231150p:plain

 

 

 

取引画面には、ゆうゆうメルカリ便に対応している郵便局やコンビニを探す機能もあります。

f:id:moss_san:20170621231244p:plain

 

 

 

利用可能な場所検索の画面です。GPSを使って現在ゆうゆうメルカリ便に対応している近くの郵便局やコンビニを探せるようになりました。事前に調べられるので、行ってから対応していない、なんてことを前もって阻止できるように工夫されています。

f:id:moss_san:20170621231609p:plain

 

 

 

2次元コードの表示の画面もらくらくメルカリ便と同じです。

もし、ここでメルカリ便を使わない発送方法にする場合は、相手の住所は表示されないので、取引メッセージで相手の住所を聞くようにしましょう。

f:id:moss_san:20170621231540p:plain

 

 

 

ローソンでの手続き

手続きといっても、ロッピーから発送用のレシートを発券してレジまで持っていくだけです。ここでの流れも紹介していきます。

 

 

ロッピーのトップメニューの真ん中の「Loppi専用コードをお持ちの方」とタッチします。ちなみにロッピーは入口付近、ATM付近に置いてあることが多いです。

f:id:moss_san:20170621232129p:plain

 

 

次にメルカリのアプリのコンビニ用2次元コードを表示した状態し、QRコードを読み取ります。QRコードがなかなか読み取れない場合はスマホの画面の明るさを上げてください。

f:id:moss_san:20170621232701p:plain

 

 

ここで内容を確認して発券します。名称がオークションゆうパックになっていますが、サービス名はゆうパケットになっています。

今発券したレシートは30分経過すると無効になるので、それまでにレジで手続きを済ませるか、時間が過ぎたらもう一度発券しましょう。

f:id:moss_san:20170621233518p:plain

 

 

 発券後はレジで手続きをします。やはり店員さんも慣れていないようで苦戦していました。私も一緒になって説明を読んでいたのですが、それでも苦戦しました。 

f:id:moss_san:20170621234340p:plain

 

 

最終的に手元に残るのはDのお客様控えです。商品に張り付けた専用の透明なビニール封筒に入れるのはABCの紙です。その際必ず郵便局が取るものを一番上にしましょう。

f:id:moss_san:20170621234743p:plain

 

 

張り付けして、紙を入れて、控えをもらったら終了です。メルカリで発送通知をしましょう。

 

 

まとめ

今回は、20日にスタートしたゆうゆうメルカリ便のコンビニでの発送手続きの方法を紹介しました。このサービスによって今までメルカリ便が使えなかったユーザも利用できるようになりそうです。

 

 郵便局での発送方法と手順も完成したので、よかったらご覧ください。

 

moss-san.hatenablog.com

 

 

これはゆうゆうメルカリ便に対応している郵便局の一覧です。ぜひ参考にしてください。

 

moss-san.hatenablog.com

 

 

アプリダウンロードはこちらから