モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

キッチンの排水溝の掃除をしてみた

キッチンのシンクの掃除は基本的にスポンジがボロボロになったら本格的にやるようにしている。油汚れ用と一般用の二つがあるので、そこそこの頻度で掃除はしているつもりだった。

しかし、表面上だけで排水溝の掃除はあまりしていないことに気が付いた。なかなか排水溝には手を出したくなかったのが本音だった。スポンジ交換のついでにしかたなく排水溝も掃除することにした。

 

というわけで今回は排水溝掃除編です。汚い写真も登場しますのであしからず。

 

排水溝は汚れる原因は?

茶碗などの洗い物をした際に発生する残りかすや油汚れ、細菌やカビなどが原因です。長い間掃除をしていないと、ヌルヌルも発生してしまうので衛生的にもよくないです。

 

今回掃除に使用したものは?

まずは、ゴム手袋、歯ブラシ、洗剤、重曹、お酢です。

f:id:moss_san:20170609232656p:plain

 

 

掃除をしてみる

まずはこのゴミ受けのようなものを掃除します。使い古した歯ブラシを使って洗剤をつけて掃除していきます。汚れが取れていくと黒っぽい泡が出てきました。

 

f:id:moss_san:20170609231306p:plain

 

次に掃除したのは、このヌルヌルしているゴミ受けのようなものです。

歯ブラシをつかってヌルヌルをしっかりと落としていきます。

 

f:id:moss_san:20170609232720p:plain

 

落とし終えたら、汚れの目立ったところに重曹をまいていきます。

 

f:id:moss_san:20170609232703p:plain

 

まき終えたらお酢をまんべんなくかけて30分ほど待ちます。

お酢をかけることによって、シュワシュワと音をたてますが、ここで発生する気体は二酸化炭素なので人体には影響はないです。30分たったら洗い流します。

 

f:id:moss_san:20170609232730p:plain

 

上のほうに汚れが残っているように見えますがこれはもともとついていて取れない汚れです。傷に入り込んでいると思うのでいつか漂白しようと思います。

 

 

汚れ対策

汚れを防ぐためにはアルミホイルを丸めたものを排水溝のゴミ受けのところに置いておくと、効果があるそうです。アルミホイルと水が反応すると、金属イオンが発生します。金属イオンには、細菌の増殖を抑える効果が期待でき、汚れるスピードを遅くすることができます。ただし、排水溝がもともと汚れているとあまり意味はないので掃除してから入れましょう。

 

f:id:moss_san:20170609231313p:plain

 

余談

今回は排水溝の掃除を自分なりに紹介してみましたが、やはり掃除はこまめに行うべきです。こまめに行うほうが結果的に一回一回の掃除の手間を減らせるので、時間があるときに掃除をしていくのが一番良いと思います。