モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

ジューンブライドの由来と結婚式の料金の関係性をざっくりと調べてみた

特に意識していなかったのですがもう6月です。

 

もうすぐ一年の半分が過ぎようとしていると思うと一年はあっという間です。

そしてもうすぐ梅雨の時期です。北海道にはあまり影響はないのです、雨が続くと洗濯物も外に干せずじめじめして嫌なことだらけです。

 

そんな今日この頃、ふとジューンブライドという言葉を目にしました。

なんで6月に結婚するのがいいのだろうかということが気になり調べてみることにしました。

 

ざっくり調べたところ、その由来は大きく分けて3つありました。

  • ローマ神話説
  • 結婚解禁説
  • 天候説

この3つについて説明していきます。

 

ローマ神話説

まずこの説は、ローマ神話に出てくる結婚や出産をつかさどる女神ユーノーJuno)が各月のうち6月を護っており、それが英語の6月June)の由来になっているという説です。

 

結婚解禁説

次にこの説は、昔のヨーロッパは3、4、5月は農作業が一番忙しくなる時期だったため、この時期は結婚が禁じられていました。その為、結婚解禁となる6月にはたくさんのカップルが挙式をしたという説です。

 

天候説

最後にこの説はもっとも単純で、ヨーロッパでは6月が一年でもっとも雨が少なく天候が良いことからたくさんの人にお祝いされやすいという説です。

 

この三つはどれもヨーロッパに関係している事柄です。

 

 

実際6月の結婚はどうなんだろう?

僕は6月は一番結婚式が行われているイメージを持っていましたが、そこまででもないようです。理由としては日本は北海道と沖縄を除いて梅雨の時期と重なってしまうためです。もし6月にやりたいのであれば、梅雨が来る前の6月前半をオススメします。

 

ついでに料金の関係性も調べてみた

そもそも結婚式にはシーズンというものがあり、逆にシーズンオフもあるようです。大まかな目安ですが4~6月、10~11月がシーズンで、12~2月と7、8月がシーズンオフと呼ばれているそうです。

 

シーズンオフ以外では仏滅や平日も安くなる傾向があります。また、式を挙げる日時にこだわりがない人は直近に挙げても安くできます。式を夜近くの遅めの時間にすることも効果的みたいです。

 

 

ざっくりとまとめる

結婚式の料金は工夫次第で安くすることが可能です。今回は書かなかったですが、持ち込みや交渉でもコストは削減できます。

ですが式を挙げる日でも価格は変わるので、そこはパートナーとしっかり相談することが大切ですね。