モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

信書の定義と確実に送る方法

つい先日、学校に提出する書類の中に親の署名が必要なものがありまして、そのため自宅に送ろうと思ったのですが、ある程度の重さもあったので最近使い始めたクリックポストを利用しようとしました。

 

その際、クリックポストでは内容品を記載しなければいけないのですが、”これって信書なんじゃないか”と思いました。

 

調べてみると送ろうとしていたものは信書に該当にやむを得ずレターパックで送ることにしました。

 

そもそも信書って

根本的に信書って何かといいますと、

「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文章」と郵便法及び信書便法に規定されています。

正直僕にはなんのこっちゃって話です。これでわかる人はなかなかいません。

なので例を示したほうがわかりやすいと思います。

 

信書として扱われるもの

  • ■書状
  • ■請求書の類
    【類例】納品書、領収書、見積書、願書、申込書、申請書、申告書、依頼書、契約書、照会書、回答書、承諾書、◇レセプト(診療報酬明細書等)、◇推薦書、◇注文書、◇年金に関する通知書・申告書、◇確定申告書、◇給与支払報告書
  • ■会議招集通知の類
    【類例】 結婚式等の招待状、業務を報告する文書
  • ■許可書の類
    【類例】 免許証、認定書、表彰状
    ※カード形状の資格の認定書などを含みます。
  • ■証明書の類
    【類例】印鑑証明書、納税証明書、戸籍謄本、住民票の写し ◇健康保険証、◇登記簿謄本、◇車検証、◇履歴書、◇給与支払明細書、◇産業廃棄物管理票、◇保険証券、◇振込証明書、◇輸出証明書、◇健康診断結果通知書・消防設備点検表・調査報告書・検査成績票・商品の品質証明書その他の点検・調査・検査などの結果を通知する文書
  • ■ダイレクトメール
    • 文書自体に受取人が記載されている文書
    • 商品の購入等利用関係、契約関係等特定の受取人に差し出す趣旨が明らかな文言が記載されている文書

 これは、総務省のガイドラインに掲載されているものです。

 

これを見ると信書多いなという印象を持ちます。

それじゃあ信書じゃないのは何だろうというと、

 

 

信書として扱われないもの

  • ■書籍の類
    【類例】新聞、雑誌、会報、会誌、手帳、カレンダー、ポスター、◇講習会配布資料、◇作文、◇研究論文、◇卒業論文、◇裁判記録、◇図面、◇設計図書
  • ■カタログ
  • ■小切手の類
    【類例】 手形、株券、◇為替証書
  • ■プリペイドカードの類
    【類例】 商品券、図書券、◇プリントアウトした電子チケット
  • ■乗車券の類
    【類例】 航空券、定期券、入場券
  • ■クレジットカードの類
    【類例】 キャッシュカード、ローンカード
  • ■会員カードの類
    【類例】 入会証、ポイントカード、マイレージカード
  • ■ダイレクトメール
    • 専ら街頭における配布や新聞折り込みを前提として作成されるチラシのようなもの
    • 専ら店頭における配布を前提として作成されるパンフレットやリーフレットのようなもの
  • ■その他
    ◇説明書の類(市販の食品・医薬品・家庭用又は事業用の機器・ソフトウェアなどの取扱説明書・解説書・仕様書、定款、約款、目論見書)、◇求人票、◇配送伝票、◇名刺、◇パスポート、◇振込用紙、◇出勤簿、◇ナンバープレート

 これも、総務省のガイドラインに掲載されているものです。

 

え、最初と今の違いがあまりわからない…。

そりゃあ、クロネコメール便が廃止されるのもよくわかるよ。

 

罰則ってどんな感じなの?

信書なんてばれなきゃいいだろ、って思った人もいるかもしれません。でも被害を被るのは送り主だけではありません。運送会社も罰せられます。

 

まず郵便法の第四条に信書は日本郵便しか送ることができない(佐川急便の飛脚特定信書便など例外あり)と定められています。また、第76条には第4条の規定を破った場合には三年以下の懲役か三百万円以下の罰金が科せられるようです。

 

 

んで、信書を送るには何を使えるの?

 日本郵便

定形郵便、定形外郵便、ミニレター、レターパック、スマートレター等

(ゆうパック、ゆうメール、クリックポスト、ゆうパケットは信書不可)

佐川急便

飛脚特定信書便

 

が一般的なサービスです。

 

 

まとめ

信書の定義はあいまいで少し状況が変わるだけで変わってしまいます。領収書はNGと記載されているのに、通販などの領収書は無風の添え状として扱うのでOKなどとってもわかりにくいです。

なので心配な時は定形郵便やレターパックなどを使って送ると確実に届けることができます。