モスさんの雑記帳(仮)

常識に縛られず今を楽しく生き抜く

消費期限と賞味期限

一人暮らしをしていると友達と外食したり、インスタント食品で簡単に済ませてしまうこともあり、ついつい食品の期限が過ぎがちになります。

 

僕も今日、賞味期限を一週間過ぎている卵を見つけました。1個ぐらいなら処分したかもしれないですが、6個もあったのでさすがにもったいないと思い、ネットで調べてみることにしました。

 

少し調べていると卵は多少日付が過ぎても全く問題ないことが発覚。卵パックに書かれている賞味期限は生で食べる際の期限であって、過ぎてもしっかりと火を通して食べれば問題ないとのことでした。

 

ですが、なぜ火を通すかというと食中毒の原因であるサルモネラ菌が繁殖するかもしれないのでその対策だそうです。

 

さらに生卵よりゆで卵のほうが日持ちがしないということも知りました。ゆで卵はわりと好きなのでこれは衝撃的でした。

 

ゆでたほうが日持ちしそうですが、逆だったようです。生だと一か月持つとしても、ゆで卵にすると2~3日ほどしか持たないそうです。もちろん冷蔵での話です。

 

そもそも卵は、消費期限ではなく賞味期限の表記になっています。

消費期限は生肉やケーキなどの傷みやすいものにつけられ、その期限が過ぎたら食べないほうがいいとされます。

 

一方、賞味期限はインスタント麺や缶詰などの日持ちがしやすいものにつけられます。

こちらの期限はあくまでおいしくだべることのできる期限なので、過ぎても食べられなくなるわけではないそうです。

 

いわれてみれば、スーパーや八百屋では卵は冷蔵ケースなどではなくそのまま置いてあることに気が付きました。これで卵が賞味期限表記になっていることに納得です。

 

賞味期限も消費期限も未開封で保存したときの期限であって開封してしてしまえばもうその期限は関係ないので早く食べるようにしましょう。

 

※卵以外にもあと3日しか持たない未開封の牛乳が2本もありました。飲みかけもあるのにどうしようか…

僕みたいにならないように買い物は計画的にしましょう。